光触媒抗菌

光の力で有害物質を 分解・抗菌

KEN建築工房では、施工場所を選ばないコーティング剤「イオニアミストプロ」を使った抗ウイルス・抗菌作業も承っています。吹き付け箇所に光が当たるだけで空気が綺麗になり、安心できる環境を作れます。

イオニアミストプロとは?

イオニアミストプロとは、吹き付けた部分を光に当てることで効果を発揮する「光触媒」で、空気を洗浄できるコーティング剤です。住宅や店舗、病院など場所を問わず使用でき、ウイルスや花粉など様々な物質に抗菌効果を発揮します。

施工場所を選ばない汎用性

広げる
湾岸を埋め立て土地を広げる
そのころわたくしは、モリーオ市の博物局に勤めて居りました。
オフィス
病院
教育施設
住宅
店舗
車内
項目を追加

特 長

次世代の光触媒

イオニアミストは、従来の光触媒で使用していたバインダー(接着剤)を一切必要としない施工方法として誕生しました。チタン粒子が接着剤の中に埋もれる問題を100%解消し、理論値通りの光触媒の性能を現場で発揮できるため、「光触媒2.0」と呼ばれています。

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

電源不要で簡単吹付

イオニアミストは、電源不要で施工可能です。機械を使用せず、吹き付け器があれば簡単に取り扱えます。店舗や教育施設、病院などの幅広い場所にもご活用ください。

長時間効果が持続

イオニアミストを使用している場所の中には、数年単位で効果が持続しているケースもあります。ウイルスや花粉に長期間作用するため、除菌対策の費用削減も期待できます。ただし、定期的なメンテナンスは大切です。
項目を追加

イオニアミストの力

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。テキストを入力してください。

A型インフルエンザ
ウイルス

抗ウイルス性試験
[試験方法]JIS L 1922:2016(ISO 18184:2014、準用)、準用
[ウイルス力価の定量方法] プラーク法
[試験で使用したウイルスの種類](宿主細胞)
A型インフルエンザウイルス(H3N2)ATCC VR-1679[MDCK細胞 ATCC CCL-34]

ネコカリシウイルス

抗ウイルス性試験
[試験方法]JIS L 1922:2016(ISO 18184:2014、準用)、準用
[ウイルス力価の定量方法] プラーク法
[試験で使用したウイルスの種類](宿主細胞)
ネコカリシウイルス(F-9)ATCC VR-782[CRFK細胞 ATCC CCL-94]

アンモニアガス

ガス除去性能評価試験
[試験方法]SEKマーク繊維製品認証基準で定める方法((一社)繊維評価技術協議会)ただし、試料量は200cm2とした。
[仕様バッグの種類] スマートバッグPA(シーエルサイエンス社製)
[試験で使用したガスの種類]アンモニアガス
項目を追加